活動の思い

9 7月

東日本大震災から、まもなく4ヶ月が経とうとしています。

そんな中、いつもJDTAの活動を気に留め、
応援してくださる皆様・お手伝いくださる
ボランティアの方々、ありがとうございます。

当協会のボランティアさんの中には、現地での
ボランティアをされている方もいらっしゃいます。
その方のお話によると、

原発20Km圏内にお住まいがあり、限られた短い時間の
一時帰宅された方から「放浪している犬や猫から、
子犬や子猫が産まれてしまって」という話を聞いたそうです。

震災から時が経つにつれ、震災関連の報道が減り、
人々の意識が薄れて風化してしまうことは、
現地で困っていらっしゃる方や動物がいる以上、
避けなければなりません。

私達JDTAには何ができるのか?
現在、被災してしまった犬を新たに迎える準備をしています。

私達のこの活動は非営利で行っているため、
皆様の応援やご支援でさせていただいています。
一頭迎えるための往復の交通費、初期医療、生活費、手術と
その子に必要なことを行うためには、多くの費用がかかっています。

まずは、全国はもちろん、海外にお住まいの方、
多くの方に知っていただくことが私達の願いです。
このブログをご覧いただいた皆様が、お知り合いお一人にでも
この活動をお話してくださること、それが被災してしまった
犬の飼い主様探し、里親様探し、応援・ご支援くださる
仲間が増え、次の子を保護する事に繋がります。

日本ドッグトレーナー協会_活動レポート_エール7.9

被災地に「エール」を!という思いから名づけました。

日本ドッグトレーナー協会_活動レポート_太斗7.9

激やせしていた体を見て、早く太(ふと)く、斗(おお)きくなってほしいと願い、「太斗」と名づけました。

日本ドッグトレーナー協会_活動レポート_元7.9

保護された当初は、力も無く表情も無かったため、早く元気になってほしいと「元」と名づけました。

現在、保護犬『エール』『太斗』の里親様になってくださる方を
募集しています。そして、『元』の飼い主様を探しています。

一人でも多く、一頭でも多く、そして一日でも早く、
被害にあわれた皆様が平常の生活に戻れますように、
心よりお祈り申し上げます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。