保護犬レポート:エール⑫(新しい家族の元へ)

26 7月
日本ドッグトレーナー協会_保護犬_エール

エール(女の子)

本日、エールを里親様に
無事にお引渡ししました!

東北(福島県)で保護されたエールが
東北地方の里親様の元へ巣立っていきました。

朝、迎えにいらしたご家族に気付いたエールは
一度しか会っていないのに、鼻をヒンヒン
鳴らして早く会いたそうにしていました。

何か感じるものがあったのでしょう。

里親様に、エールの健康状態や注意点、ごはんの種類や与え方(量、回数)、
散歩の仕方などを引継がせていただきました。
みなさん、真剣に聞いていらっしゃいました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_保護犬レポート_エール7.26-1

接し方や注意点などお伝えしました。

お散歩でのしつけ用具(ハルティー)の使い方や、リードの扱い方など
かなり慣れている様子でした。
さすが、今までラブラドール・レトリーバー を飼っていらした里親様です。
散歩で引っ張ろうとするエールを上手に
コントロールしていらっしゃいました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_保護犬レポート_エール7.26-2

初めてエールと会うお兄さんでしたが、接し方が素晴らしく、エールも良い子に待っています。

私たちスタッフとのお別れは、エールにとっては何てことなく、
新しい家族と車で出かけることが嬉しくて仕方ないようでした。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_保護犬レポート_エール7.26-3

里親様が用意したクレートに、勢いよく乗り込んだエールです。

夕方、「無事に家に着きました」とご連絡をいただきました。
エールも体調を崩すことなく、元気な様子と伺い、安心しました。

保護犬支援プロジェクトの一番初めの保護犬「エール」が
巣立つのは少し淋しいですが、温かい家庭で生涯幸せに
過ごせることを思うと、本当に嬉しく思います。

愛情深い里親様に出会えたことに感謝し、
これからのエールの幸せを見守っています。

エールを今日までご支援・応援してくださった
全国の皆様、ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。