保護犬レポート:元 21本当の飼い主様のもとに戻れました!

7 2月
日本ドッグトレーナー協会_保護犬_元

元(男の子)

JDTA保護犬:元(ゲン)さんの、
もとの飼い主様とおっしゃる方が
名乗り出てくださり、元(ゲン)さんが
本当におうちの子かどうかを確認して
いただくため、昨日、元さん・JDTAスタッフ
・ボランティアさんと福島県田村市まで
行ってまいりました。

JDTAスタッフだけでは雪道の運転も
心配だったのですが・・・


今回の元さんのお話をお聞きになった、JDTA施設のご近所の方と
そのお仲間が、大変ありがたいことに雪道対応のレンタカー代を
ご支援下さり、また、雪道の運転も問題なくできるボランティアさんにも
同行いただき、そのおかげで、雪道も安全に行って帰ってこられました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-1

レンタカーをご支援いただきました。

1月31日のBLOG記事でもお伝えしましたが、その本当の
飼い主様だとおっしゃる方のお話によると、
「原発20キロ圏ギリギリのところに住んでいたため避難すること
になり、避難の際に犬を連れて行くことができなかったので鎖を放した。
最近自宅に戻り、もう諦めていたところ知り合いにうちの犬と思われる
犬が保護されて生きていると聞いて電話した。名前はジャッキー。」
とのことです。

ご高齢であり移動の足も無く、東京までお越しいただく事は難しいため、
今回こちらからご自宅まで出向くことになったのです。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-2

福島県田村市

本当の飼い主様かどうかの照合も現地でとなるため、確実でない
まま元さんを連れて行ったのですが、いざ飼い主様のお宅に到着
してみるとお父さんもお母さんも「ジャッキーに間違いない」とおっしゃり、
お母さんは涙ながらに「ジャッキー、ジャッキー、ジャッキー」と何度も
呼びかけ、私の手を握りしめてお礼を言ってくださいました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-3

お父さん・お母さんからお昼ゴハンをもらったジャッキーくん

そうこうするうちに、たまたま通りかかったご近所の方までが
「あれ?ジャッキー!?戻ってきたの?」
「まさかジャッキーが生きてるなんて思わなかった」
と、こちらも涙を流されていました。
更にご近所の方々がお見えになり、「ジャッキーに間違いない」と皆さん
喜んでいらっしゃって、飼い主様だけでなくご近所の方にまで愛されて
いたことが分かりました。やはり、どこでも愛される子だったのですね。

飼い主様には、保護時からこれまでの経緯、ジャッキー君の
心臓弁膜症のこと、リンパ腫の可能性が高いこと、アレルギーのこと、
病気なこともあり生活は室内でお願いしたいこと等をご説明し、
お引渡しの書面を交わし、ジャッキー君をお返ししてまいりました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-4

飼い主様と記念写真

病気のこともあり、元さんには決まったフードやお薬が必要となるため、
3ヵ月分のフードと3か月分の心臓のお薬をご支援で購入させていただき、
これまで元さんが使っていたハウスや寄付していただいたお洋服も持参です。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-5

3か月分のフード

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-6

3か月分の心臓薬

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-7

ご支援でいただいたお洋服

最後はお父さん・お母さんだけでなく、ご近所さんまで私達を
お見送りしてくださいました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-9

飼い主様・ご近所さんがお見送りしてくださいました!

出発前日には、保護犬仲間との最後の記念写真です。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_元12-0207-8

保護犬仲間。左から太斗(タイト)、BUZZ(バズ)、元さん

先方にジャッキー君のデータや写真が無い状態での照合の仕方を
ご指導くださった行政のご担当者様にもお力添えをいただきました。

そして、日頃からJDTAの活動、保護犬:元さん(本名:ジャッキー君)を
応援してくださった方のおかげで、ジャッキー君は本当の飼い主様の
もとに帰ることができました。皆様に心より感謝申しあげます。
ありがとうございました。

震災から少し時間が経った今、ジャッキー君のようにもとの飼い主様に
出会えた犬たちがみられるようになったと聞いています。
一人でも多く、一頭でも多く、そして一日でも早く、被害にあわれた
皆様が平常の生活に戻れますように、家族の一員であるペットと
また一緒に生活できますように心よりお祈り申し上げます。

広告

6件のフィードバック to “保護犬レポート:元 21本当の飼い主様のもとに戻れました!”

  1. エール 2月 7, 2012 @ 11:37 pm #

    元さん、戻れて良かったね~私もJDTAに感謝です。

    • jdtadogadopt 2月 8, 2012 @ 7:56 pm #

      実際に飼い主様にお会いするまでは私たちも不安でしたが、
      温かく迎えていただき、本当に良かったです。
      応援ありがとうございました!

  2. ひょっこり* 2月 8, 2012 @ 12:03 am #

    本当に、ほんとうに、良かったですね!!元さんよく頑張りました☆そして助けてくださった皆さん、ありがとうございます*これからもよろしくお願いいたします~*

    • jdtadogadopt 2月 8, 2012 @ 7:55 pm #

      本当に、元さんは強い運を持っていたのだと思います。
      皆様、ご支援ありがとうございました!

  3. magozaru 2月 8, 2012 @ 9:19 pm #

    元さん(ジャッキー)とは1、2度しかお会いした事ないのですが、つぶらな瞳が可愛くて大好きでした。優しそうな飼い主さんで安心しました。よかったね、元さん♪
    雪景色を見るのも久しぶりでは?幸せに暮らしてね。

    • jdtadogadopt 2月 10, 2012 @ 8:08 pm #

      雪景色に興奮して、ずっと雪を食べていました。
      きっと恋しかったのだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。