保護活動を始めて1年が経ちました

10 4月

昨年2011年3月11日の東日本大震災をうけて、私共
“JDTA保護犬支援プロジェクト”が発足いたしました。

当初は、現地に住まう動物達への支援物資の募集や中継などを
行いながら、自分達自身も実際の活動を始められるよう準備を整え、
2011年4月10日に震災後初めて福島県を訪ねました。

日本ドッグトレーナー協会(JDTA)と名乗っている団体だからこそ、
私達にできることを何度もスタッフと話し合い、多くは保護できないかも
しれないけれど、保護した犬には、医療・十分な栄養・トレーニング・
里親様とのマッチング等、必要なこと全てができるよう、そして
「JDTA-100% Dog Adopt」(保護犬の100%譲渡)を目指し
このボランティア活動をしていくことにいたしました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_20120410-1

現地にお届けした支援物資

そして、JDTAに初めて保護犬を迎えたのが2011年4月10日。
ちょうど本日から1年前でした。JDTA保護犬第1号、
ラブラドール・レトリーバーのエールです。被災地にエールをという
想いを込めて、エールと名づけました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_20120410-2

エール

これまでに保護した犬は15頭、うち3頭は元の飼い主様にお返しする
ことができ、10頭は新しい家族になってくださる方にお引き渡しする
ことができました。皆様のお力を借りて、新しい家族に巡り会えた
保護犬達は、その後も大切にしていただいていることを里親様から
ご連絡いただくことも多いのです。本当にありがたいことです。

現在、イングリッシュポインターの“太斗(タイト)”、パピーの“みずき”が
里親様を募集しております。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_20120410-3

イングリッシュポインター:太斗(タイト) 男の子

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_20120410-4

MIX:パピーのみずき 女の子

活動の幅としては、とても小さなものだと思います。それでも、今後も
私達にできることを、ボランティアさんや応援して下さる方の力をお借り
しながら、続けていきたいと思っております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。