保護犬レポート(すみれ)⑦第1回譲渡後セミナー

8 5月
日本ドッグトレーナー協会_保護犬_すみれ

すみれ/(女の子)

2012年4月7日にJDTAから巣立った
元保護犬:“すみれ”の、第1回目の
譲渡後セミナーが5月5日に行われました。

JDTA名で“すみれ”と名付けていたのですが
里親様にとてもご縁のある方に“すみれ”さん
とおっしゃる方がいらしたので、新たに
“ミミ”ちゃんというお名前を付けていただき
ました。※以下、“ミミ”ちゃんで統一させて
いただきます。

里親様は、大人になってから犬と生活するのは
初めてというご夫婦で、小さなお子様もいらっしゃるご家庭でしたので、
第1回目のセミナーはご自宅におじゃまさせていただきました。

ミミちゃんは生後約6ヵ月前後、だんだん難しくなるお年頃です。
生活面のチェックや何かお困りごとがあれば早めに対処が出来るように、
JDTAでは譲渡後3ヵ月間は、月1回のセミナーを受けていただく
ことになっています。

当初、ミミちゃんの懸念点は『人見知り』というところでした。
ペットショップやブリーダーさん出身の子犬よりも、人に慣れるのに
時間がかかるだろう事もご理解の上おうちに迎えてくださった里親様
ですので、無理なく徐々にミミちゃんが家族の一員になれるように
してくださっていました。

里親様は、「これで家族に慣れたのでしょうか?」と心配されていましたが、
ミミちゃんの顔を見れば分かります。明るい表情でリラックスして
オモチャで遊んでいます。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_すみれ2012-0508-1

ミミ こんなに美人になりました!

パパとの引っ張りっこ遊びも楽しそうです。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_すみれ2012-0508-2

パパと『引っ張りっこ遊び』

また、甘え上手なミミちゃんに対して、ただ甘やかすだけにはせず、
ママが愛情を持ってメリハリある接し方をして下さっていて
とても頼もしかったのです。

今回のセミナーでは、ミミちゃんとのケースバイケースでの接し方の
工夫やトイレトレーニング、社会化やお散歩の工夫をアドバイスをさせて
いただきました。

まだまだ、いろいろな人や環境、様々な音や新しい経験、犬との触れ合い等、
ミミちゃんがお勉強(社会化トレーニング)していかなければならない事は
多くありますが、きっとこのご家族なら、笑顔で乗り切ってくださるはず。
そんなハッピーオーラがあふれていました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_すみれ2012-0508-3

家族写真 パパ・ママ・おねえちゃんと

また来月に第2回目の譲渡後セミナーを予定しています。
心身共に健やかに成長したミミちゃんに再会できるといいなと期待して。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。