保護犬レポート 太斗32&みずき⑪

23 5月

JDTA保護犬パピーの“みずき”が、先日5月16日に、
無事に避妊手術を終えることができました。
というご報告をいたしましたが、1週間後の本日、
抜糸のため動物病院に行ってまいりました。


3日ほど前から、傷口を後ろ足でかいてしまい
術後の傷跡の周りが赤くなってしまったので、
抜糸ができるか心配でした。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_みずき2012-0523-1

傷口を触診してもらう間、大人しくしていました。

診察をしていただくと・・・
傷の赤味は糸アレルギーが原因ということでしたので、
本日の抜糸は見送られることとなりました。
アレルギーが出ないよう、ナイロン製の糸で縫い直していただきました。
麻酔無しでの縫合でしたので、鳴き声が待合室まで聞こえてきて
痛々しかったのですが、“みずき”は良く頑張りました!

5日分の飲み薬をいただき、傷口を舐めてしまわないように、
エリザベスカラーを着けて帰ってきました。
(抜糸は、さらに1週間後の予定となりました)

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_みずき2012-0523-2

エリザベスカラーを着けて、テンション低めのみずき。

保護犬の太斗(たいと)は、狂犬病ワクチンを接種し、
体重も順調に24.1kgと増え、逞しくなりました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬レポート_太斗2012-0523-1

後ろからのショットで分かりづらいですが、おできの細胞を採取しています。太斗は・・・固まっていました。

2週間前から右目の下におできができてしまい、
徐々に大きくなっていたので、細胞診をしていただきました。
涙腺の腫れが心配されたのですが、結果は・・・

大きな問題は無く、掻き壊しによるものでしたので
飲み薬と塗り薬を処方していただき、1週間様子を
見ることになりました。

回復した2頭の元気な様子をお伝えできることを願って、
今後の経過は、またご報告させていただきます。
“太斗”“みずき”とも 早く回復できるよう、
温かく見守っていただければと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。