保護犬レポート 5つ子①

24 10月

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_保護犬_5つ子福島県いわき市から2012年10月15日、
保護した5頭の子犬について、先日のBLOGで
「コクシジウム」原虫が便より検出されたため、
その医療ケアをしていることをご報告させて
いただきましたが、本日の再検査で無事に
「問題なし!」との診断をいただくことができました!

これで晴れて、人と触れ合ったり兄妹で遊ぶことが出来るようになりました。

コクシジウムが判明して1週間、兄妹で接触することも感染し合ってしまう
ので、それぞれ1頭ずつ過ごしたり、決まった人としか接触できずにいた
分を取り戻すべく、今日から人慣れ・環境慣れ等の社会化トレーニングを
再開いたしました。

そのまず1歩として、関連団体の「ドッグトレーナーズカレッジ」の
生徒さんに抱っこをしてもらい、人と触れ合うお勉強をしました。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_保護犬_5つ子_20121024-1

保護犬:ラナ 生徒さんが抱っこ

そして、まだ混合ワクチン接種が終わっていないので、外を歩くことは
できませんが、抱っこで外の景色を見たり、音を聞いたり等、人間社会を
お勉強するための“抱っこ散歩”にも子犬達はチャレンジしています。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_保護犬_5つ子_20121024-2

抱っこ散歩 左:ラナ、右:スピカ

今日は嬉しいサプライズもありました!
JDTAの元保護犬“みずき”が、お散歩の途中にJDTAに寄ってくれて
子犬達の様子を見に来てくれたのです。BLOGをチェックしていた
“みずき”のパパが気にかけて寄ってくださったとの事でした。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_保護犬_5つ子_20121024-3

先輩“みずき”と対面

保護犬:カーラは、“みずき”パパに抱っこをしてもらって
ちょっと緊張の様子。これも社会勉強です。“みずき”も何だか
保護犬:カーラが気になるよう。子犬のワクチンが安定したら、
先輩犬“みずき”にはたくさん遊び相手になってもらいたいと思います。

日本ドッグトレーナー協会_保護犬支援プロジェクト_保護犬_5つ子_20121024-4

元保護犬“みずき”のパパに抱っこされる“カーラ”

本日、保護犬パピー:ミラの里親様になってくださる方が仮決定
いたしました!現在、ベガ、カーラ、ラナ、スピカの里親様になってくださる
方を募集しております。

ご興味を持って下さる方に、まずは面会に来ていただけましたら幸いです。
日本ドッグトレーナー協会
<保護犬支援プロジェクト>
0120-218-115

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。